徒然日記〜夢はかく語りき〜

夢日記だったり、最近あった話など。

超絶疲労困憊

 

昨日、お見舞いを休んで1日中工作に明け暮れようとしていたら、昼ご飯の準備中に母が買い物したいと言い出したので、急きょ付き合うことに。

午前中でペーパークラフト作りを終え、ポスター作りを始めていた矢先でしたが、予定変更になるのは仕方がない。

実は入院中の父が使用しているオムツのサイズが大きすぎた模様で。3月の入院時に病院が用意したのはLサイズだったのですがちょっと小さい。ということでLLサイズを買ってみたらば、この1ヶ月半でさらに痩せたみたいでやっぱりLサイズだったらしく。

病院に行く前にオムツを買っていこうというわけです。てっきり履き替えさせてサイズを確かめるんだと思っていたら父が拒否。パンツは朝履き替え主義と言われたらしい。

お腹の感染症で9日間絶食していたけれど、昨日の昼からご飯開始。しかしさらに体力がなくなっていたため、昨日は16歩しか歩いていないという。たぶん部屋のトイレ往復くらい。またリハビリが始まってもすぐには歩けないだろうな。

帰り道にも買い物に寄った。先週から探してるカーテン、ちょっとニトリに見にいってみようと立ち寄っただけだったのに、安くなっててサイズもあって買っちゃった。

だけどカーテンって布だから重いんだよね。母はオムツの残り持って帰ってきたし、やっぱり持つのは私の役目になるわけで。大きい袋を持参しといてよかったけれど、まさか2サイズ担ぐ羽目になるとは😂

食品コーナーでも買い物して、無事に帰宅したのは16時前だった。月曜日より2時間早いくらいだけど、最近帰宅が遅めだな。

しかし背中痛もあり、膝痛も再発してしまうし、満身創痍とはこのことを指すのだろうか。何をしていても「疲れた」しか言っていないことに気がつく。

夕食後、疲れすぎて椅子から立ち上がれず、母と生協のカタログを見始めた。目地モルタルを見つけてしまう。お墓のセメントが剥げている箇所があり、以前から気になっていたのだが、

実は今年にお墓を作り変える予定があったらしい。だがお墓屋さんに「家族が入院中は控えたほうがいい。退院にやればいい」といわれたが、主治医から退院は一時退院という形になると言われてるし、それがいつになるか全くわからないので、予定が組めない。

それならば、私がモルタルを塗ったりしてちょっと補修しようかと思ったわけだ。苔もすごいので、できれば梅雨に入る前に一回大掃除もしたい。

 

昨日は超絶疲労困憊で死んだが、今日こそはポスターに取り掛かるつもりだ。縦180センチのポスターや文字ポスターがある。これが終われば衣装作りとか、血糊系とか準備するつもり。なかなか作業が進まないがそれでも前向きに頑張ります。