徒然日記〜夢はかく語りき〜

夢日記だったり、最近あった話など。

寝付けなくなる後遺症

 

昨日の早朝、入院している父からの電話テロ攻撃にあい、その後も何度か母のスマホにはせん妄している父からの電話があったようです。

昔、携帯電話がなかった時代は入院中に電話を掛けるといったら、公衆電話しかなかったけれど、今や誰でも携帯電話を持っている時代になり、一応病棟では朝6時〜夜8時までしか使えない規則になっているけれど、せん妄起こした人は時間も忘れて規則も破るし、同じ病室の人に迷惑かけていなければいいなぁ…😂

昨夜はせん妄に備えて、着信音を変えたりしたけれど、やっぱり眠れなくなってしまう。無理に眠ろうとしたら胃痛になってしまう。

それでもなんとか眠れたのに、眠りが浅くて何度も起きるし、朝方ちょうど昨日と同じような時間に目が覚めてしまう。

昔、祖母が亡くなる前にもこんなことがあった。祖母は認知症だったがある夜、24時半頃、たまたま眠るのが遅くなった日があった。両親はとっくに寝ているはずが、階下から物音がする。気になって見にいくと、玄関に祖母がいた。三和土に寝転がって玄関を開けようとしていたのだ。季節は秋だったが夜は寒い。

部屋に戻ろうと促すも言う事を聞かない。祖母はずっと「うちに帰らせてください」と叫んでいたが、ここがうちである。騒ぎを聞きつけて両親が起きてきた。母が祖母をなだめ部屋に連れていき、寝かしつけたのだが、私達も部屋に戻り1時間後、また部屋から出てきてしまったのだ。今度も部屋に連れ戻し、寝かしつけたのだが、私は朝まで眠れなくなってしまった。

次の日の夜は部屋の扉に簡易の鍵をつけたが、やはり部屋で騒いでいる声が聞こえてきて眠れない。

実は玄関から出奔しようと試みる前、部屋のガラス戸から逃げ出したことがある。その時は昼で、庭の木の下にうずくまっているのを発見できたが、歩けないはずの祖母がどうやってここまで来たかが考えると、ちょっと怖かった。せん妄は力強く人間を動かすのか。

自分で部屋を抜け出して木の下にうずくまっていたのに正気に戻ったとき、「誰が自分をここに連れてきたんだ!」と怒り出し、自分の中の自分だよと思ったのは言うまでもない。

ちなみに夜に徘徊しようとするので、睡眠薬を処方してもらったら、効き目がすごすぎて昼も夜もトロトロと眠るようになり、睡眠薬をやめたのに、ほとんど寝たきりになってしまったのが12月くらいだった。

ばあさまのときも、せん妄に悩まされたっけ。なんか思い出してしまった。

そういえば今日、見た夢で唯一覚えてるのが、何かのパーティーに見知らぬ女性2人と一緒に行くんだけど、婚活パーティーだったみたいで、一緒に行った女性の1人はすぐ選ばれてカップルになったんだけど、

自分ともう一人の女性は最後まで誰にも選ばれなくって「もう帰ろっか」って話してる。

会場を見渡したら、男性陣の中に憧れの人を発見してしまう。彼は誰か選んだんだろうか、とモヤモヤしてたら、

女性「ここで選ばれなくたって、別に悔しくなくない?選ばれたからって人生の勝ち組じゃないじゃん」

あぁそうだよね。勝ち組って言葉が流行ったとき、同時に負け組も流行り、私は負け組だと言われたことがあったが、勝ち組も負け組も自分がそう思ったら、そこで終わるのではないかと。

結婚したら勝ちなのか、彼氏がいることは勝ちなのか、幸せの価値観は自分が決めることであり、誰かに幸せにして貰うものではない。

そもそも好きであっても他人だから一緒に暮らしていくのって、相手の考え方も尊重していかないと破綻するよね。これ未婚だけど、同棲の経験あるから少しはわかる。結婚はそれに子育とか色々からんでくるから、面倒くさいだけの話なだけで。他にも恋愛結婚したのに2年で離婚とか、いろんな話を聞いてるからこその、結婚願望なしなのである。

あの…何年も付き合って結婚したのち、何ヶ月かで「性格の不一致」で離婚っていうのは、どの理由があるんだろ。結婚後、何があったんだって、すんごく聞きたいんだよなぁ🤭

ただ私の周りにはそういう理由で離婚した人がいないので、なかなか聞けないんだけれどね。なんか色々考えさせられる夢見でした。